主に愛でてます

赤色さんに魅かれる症候群

Kis-My-Ft2担として過ごした一年まとめ

 2017年がもうすぐ終わろうとしている。キス担として初めて丸1年過ごした記念すべき年なので、今年をざっくり振り返ろうと思う。

 

シングル発売もアルバム発売もツアー参戦も。担当を名乗るようになる前から経験してることだけど、担当として経験するこれらは、全て初めてすることのように新鮮だった。

まず、シャララのときも思ったことだけど、キスマイが出演する歌番組の多さに驚いた。嵐がCD宣伝で出る歌番組といえばほとんどMステのみ(あと最近では自分たちの冠番組での披露)だったから。『赤い果実』の頃には慣れてしまったけれど、新曲を出すたびにCDTVやLove Musicに出させてもらえるのは普通ではないということをこれからも忘れないでいたい。

キスマイは楽曲に恵まれていると常常思っているけれど、今年は特に個人的にタイプの曲が多くて一年中耳が幸せだった。今までのキスマイにあるようでなかった「ギラギラ」を前面に押し出した『Tonight』をはじめとする、カッコいいも可愛いも詰め込まれた3曲A面シングル『INTER』、ファン以外にも好評だった*1クールでスタイリッシュな『PICK IT UP』、個性的な世界観だけどメロディーラインが凝っていて魅力のある『赤い果実』。何よりオリジナルアルバムの『MUSIC COLOSSEUM』に好きな曲が集まりすぎていて、あんなにCDを聴く1時間で笑顔になったり泣いたりするの初めてで。キス担になるきっかけになった『I SCREAM』とはまた違った、「今のキスマイ」の意思が込められた今年を象徴する一枚。まだまだこんなにこの人たちの引き出しがあるのだと、これからこのグループの楽曲がどうなっていくのかさらに期待値が上がった。このアルバムを出したことで、いろんな可能性が広がったと思っている。

 

そして、今年の中でも特に大事な出来事。遅くなってしまったけれどキスマイのFCにやっと入会することができた。それまでは既に会員だった母と姉にツアーの応募を任せっきりにしていたバチが当たったのか、今年のツアーが全滅して、これは入れって言われてるんだな、と思い春にめでたく入会したので、良いきっかけだったのかもしれない。

ジャニーズでは珍しい本人の画像入りの絶妙なダサさのある会員証は、毎日財布に入れて持ち歩く宝物になった。

 

バラエティだと、夏のキスブサのドッキリ企画がずっと頭に残ってる。あの催眠術にかかるフリをしなかったみっくんは、私がキスマイを知ってから間もない頃のみっくんを思い出させて、まだこういう一面が残ってたんだ。ていうかこんな変わってないところもあるんだ。ってとても驚いてちょっと嬉しくなって。実は、これについてバーっと書いたものがはてブロの下書きに残ってるのだけれど、読み直してみるとかなりアイタタ・・・な内容になってるので、私の文才が上がって感情を今よりも抑えて書くことができるようになったら、またこのことについて触れたいと思う。

あと、深くは書かない繋がりでもう一つ。10月頭。初めてキス担としてモヤモヤする感情が生まれた。原因については今とっくに消化してることなのだけれど。

ちょうど担当になって1年経ったくらいか。ぶっちゃけもっと早くそういった負の感情が生まれると思ってたから、お花畑の中でふわふわしてた状態から1年経ってやっと抜け出したのかとヲタクの自分を離れた場所から見ている心の中のもう一人の自分が安心してるようだった。けれど一人でモヤモヤを抱えてるのが怖くて。友だちに聞いてもらおうと思ったその帰り道に暇つぶしにキスマイの曲を聴いてたらどうでもよくなっちゃって。心の黒いものがスーッと抜けていって「あぁ、私多分この人たちが何してもずっと怒れないし、ずっと甘々なヲタクなんだ・・・」とこの沼の深さを改めて思い知らされると同時に一種の諦めを味わった。ただ、こういう意見が出てきたということは私もキス担としてワンステージ上がることができたのかなって勝手に思っちゃったり。ってポジティブが過ぎて心の中のもう一人の自分がしかめっ面してるのでこの辺にしとく。

 

怒ったりもしたけど、それ以上に今年もたくさん笑顔にさせてもらった。ちょうどあんちゃん観劇がMステまえあし出演と被った日で。あの日は今年の中でも特別な一日だった。出演数日前に突然発表されたまえあし。今年は亀と山Pが多くの歌番組に出てるのを見て、「みっくんもいつか誰かとスペシャルユニットみたいなの組んで歌番組出てほしいな〜」と思ってたので、とても嬉しいニュースだった。しかも選曲が「Touch」と「FIRE!!!」って!みっくんがユニットを組むならやっぱりガヤか、捻って捻りまくって大倉氏だと思ってたので、ファイヤの2人だけが映る画面を見てしばらく放心状態だった。

あとはハロウィン音楽祭。中学生のときによく自担Gが期間限定で女装ユニットとしてCD出して歌番組出て・・・という妄想をしてたんだけど(歌番組の妄想が多い)、それをキス担になってから思い出す前に実現してくれて。しかもかなりクオリティの高い女装で。笑 女装にまで真剣に取り組むこの人たちが愛しくて大好きで。

今年見た夢を数ヶ月で叶えてくれたり、昔の忘れていた夢まで叶えてくれるキスマイは私にとって最高に理想的なアイドルだと思った。この人たちについて行ってたくさんの夢を叶えてもらってる。幸せだ。

 

そんなこんなな1年でした。いっぱい笑って泣いてちょっぴり怒って、相変わらずデレデレで。振り返るとジャニヲタとしてとても充実してたと思う。北山担として一年ちょっと経ったけど、辛いことがあったときには、みっくんはこういう場面でどうするだろうと想像したら、踏ん張ることができた。みっくんを応援するようになってから、前よりも自分が思ったことを発言できたり、少し勇気のいる行動も起こせるようになっている。なんでだろう、みっくんがそんな存在として私の目に映っているからかもしれない。今年いつでも私の心を灯してくれたのがみっくんであり、キスマイだった。

 

ありがたいことに現場がつい最近まであったので、現場まとめはまた来年に。そして、来年もちょこちょこブログを更新するのを目標にしている。

 

とっても楽しくて終わってほしくない年だったけど、来年はもっと充実したと言えるような行動をしようと思う。

 

 

皆さま今年はありがとうございました。キスマイ!みっくん!嵐!翔くん!ジャニーズの皆さん!来年もたくさん愛でるよ〜!覚悟しててね〜!!

 

それでは良いお年を!

 

 

*1:私の周りのキス担以外のジャニヲタに特に褒められたピキラ