主に愛でてます

赤色さんに魅かれる症候群

2017年現場まとめ

 とても今更な時期になってしまったけど、記録用に去年の現場のまとめを書いてみた。

感想の長さにかなり差があるけども、現場直後にメモしたかしてないかによる偏りのため、現場の良し悪しとは関係ないので悪しからず!

 

3/18 「Endless SHOCK」@東京 帝国劇場

初SHOCK。一般枠のチケが取れたので行ってきた。光一さんは本当に王子様だった。一ジャニヲタとして一度は履修しないといけない舞台だと思ってたので、初めて行くことができて良かった。生Show must go onしびれたぜ。

 

4/9 「ジャニーズJr.祭り」@さいたまスーパーアリーナ

お友だちに誘われて、初めてJr.のみが出演する現場へ。 

Jr.についてはキスマイにハマってから以前より詳しくなったものの、毎週少クラを観ているくらいで顔と名前が一致していない子も多数いるほど知識のなかった私がついていけるか不安もあったが、そんな気持ちを始まってから数秒で吹き飛ばしてくれるくらいエネルギッシュで楽しいライブだった。

これが初めてのデジチケ体験で、入場するまで席が分からないドキドキ感はライブ当日のドキドキ感と合わせるととんでもないことになるので、同じ日にこの緊張感をブッキングするのは身体に良くないと感じた。 

この日はいろんな発見があって、特に印象に残った人の名前をメモしていたので書いてみる。本当に知識のない一般人が入ったらこう感じたよ。と生暖かい目で見ていただければ。

 

平野紫耀 この方ね、花道通るとき近くにいるファンも遠くにいるファンも自分が見られる範囲の人全員に目を合わせたり手を振ったりしながら通ってたんですよ。これを見て、あぁ、Jr.のトップってこういうことなんだなって感じた。

 

高橋海人 2016年のドリボを観劇したときに初めて見て、そのあとジャニアイでも見て、生で見れるのは3回目だったのだけど、毎回会うたびに成長を感じる人。どんどん自分の魅せ方が分かってきてるなぁと思う。デビューしてもっと成長してくんだと思うと楽しみ。

 

岩橋玄樹 いつも可愛い女の子♡って感じで見てたのにキンプリのBTNで下から風を受けて刈り上げた髪を見せる彼は完全に雄だった。こんな魅せ方もできるのかと衝撃を受けたのを覚えてる。この間のCDTVで二次元にいるような可愛い王子様として世間に見つかった「ピンクの子」いわちだが、これから男らしいワイルドな部分もお茶の間に届けて世界を騒がすのかと思うとニヤニヤしてしまう。

 

安井謙太郎 小っちゃいけど存在感あるよね。って誰かさんのこと言ってるみたいだけど。笑 私は生でその様子を見たわけじゃないけど、たまアリ初日の公演でデジチケでたくさんのトラブルが起こってファンが混乱する中、冷静にお詫びとMCで場を繋いだというエピソードが印象的だったので。あとラブ全体に言えるけど煽りがうまくて見る側としてノリやすかった。

 

萩谷慧悟 この日私の耳を一番キュンとさせた歌声の持ち主!ドラムも素晴らしいし、ソロの透き通った声がたまアリ全体に響いて鳥肌がたった。実はこの日まだお顔と名前が一致してなかったのだけどすぐ少クラ見直して覚えた。

 

梶山朝日 存在感。

ホントに年下かよ。どうしてワンフレーズ歌うだけであんなに会場を賑やかすことができるの。どうしてそんなに濃い存在感でるの。朝日もこのとき初めて認知したなー。ミューコロで踊ってるところ間近で見て、とてつもなく好きな踊り方する人だと思った。逸材だった。

 

那須雄登 まだ当時できたてホヤホヤのB少年はキラッキラしてて、その中でも特にキラッキラしてた人。あの顔で慶応BOYって人生勝ちすぎやん。那須くんの未来はきっと明るい。

 

このときはJr.ど素人だった私だが、現在行われているJr.祭りに参戦するため遂に今年に入ってから情報局会員になった。ちなみに好きなタレントの欄を埋めるのにかなり悩んだが、結果永瀬廉さんの名前を入れた。去年の祭りでは岸優太くん*1のウチワを持って応援してたのだけど、その岸くんの隣で楽しそうにちょっかいを入れるれんれんがこの頃から気になりだしていた。

けど今年の祭りに出演しない、なんならデビューが決まった人の名前を入れた自分の思考はよく分からない。まぁ好きって理論じゃないからね!(笑うとこ)ちゃっかり2月にキンプリFCにも入会したし。一年で何が起きるか分からないもんだねぇ、自分よ。

 

6/4 ミュージカル「魔女の宅急便」@新国立劇場 中劇場

阿部顕嵐ちゃん出演ミュージカル。新国立劇場お初。お話の雰囲気からか、会場もずっとほんわかしたアットホームな感じで癒される舞台だった。同じ日にPrince3人とTravis Japanの宮近くんが観劇していたらしく、一緒に入った岩橋担の子がセクボ!!!と喜んでいた。顕嵐ちゃんの普段とは違うミュージカル用の声が聴けて新鮮だったな。

 

7/21  「あんちゃん」@東京グローブ座

kiu-rd.hatenablog.com 

主な感想はここ。いろんな解釈ができる舞台で、見てると息苦しくなりそうな部分もあったけど、欲張るともう1回入りたかった。もう1回見た上で、1つ1つの台詞の解釈とか考えたかった。ここに書くのを忘れてしまったんだけど、当選メールが届いた翌日にグローブ座を拝みに行き、そこが通学路から見える場所だということが分かり、毎日電車からあの劇場を見るのが日課になってた。グローブ座を見るだけで1日がんばろうって思った。初日が始まる1ヶ月前くらいから雑誌ピークでいろんな本屋さんを巡りながら買うのも楽しかった。思い返すと、あの期間とっても楽しんでたんだと思う。ありがとう、あんちゃん。

余談だけど、帰ってからMステでまえあし見て、数時間前に生で見ていた人を歌番組、しかも生放送で見るのが不思議な感覚だった。この日は去年の中でも特に思い出深い幸せな1日だった。

 

7/28 「KING'S TREASURE Prince公演」@EX THEATER ROPPONGI

こちらもお友だちに誘われて。六本木EXシアターは1階は全て立ち見席、2階は指定席と決まっていて、友だちが持っているチケットは1階だったので初めてジャニーズ現場で立ち見席というのを体験した。

チケットは1000番台で、後ろのバルコニーも使うという情報を得た私たちは、ほぼ一番後ろの席を陣取りコンサートに臨んだ。

始まった瞬間、背の低い私は「あ、これメンステ見れないや・・・」と確信。

人と人との間に立ったつもりが2列前のお嬢がなかなか背が高く、背がない私は見事に撃沈した。 

ただ、後ろのバルコニーに来てくれた時はマジで

え、こんなに近くで見ることが許されるの・・・?

ってくらい近かった。

双眼鏡いらずってこういうことなんだな。って初めて思った瞬間だった。

おかげで、岸くんがこっちに来るたびに足を触ろうと企むこの日の見学者・佐藤勝利たんを間近で見ることができた。眼福。マジで脚ほっそい。折れそうだった。

 

初めての立ち見席はなかなか戦場だと思った。移動しようと思えばコンサートの途中でもムリヤリできちゃうし。

まだまだジャニヲタとして知らない世界がたくさんあるな、と勉強になった。

セトリが少年隊やキンキ、洋楽が多く、おしゃれなセンスしてる〜!って感想。OPでえびきす少年たち(他のでも同じなのかな?)の始まるときの曲が流れたのでテンション爆上がりした。

 

8/27 「Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2017 MUSIC COLOSSEUM」@セキスイハイムスーパーアリーナ

kiu-rd.hatenablog.com

こちらも過去記事で。自分的にとても良い席だったので、宮城追加公演が決まるまで全滅で悲しみの中「なんでドームじゃないの!!!」と嘆いていたが、アリーナのありがたみを体感できた。興奮しすぎて前半はずっと頭真っ白だったような気がするけど、今レポを読み返すと意外と記憶に残ってるもんだなと。やはり夏といえばキスマイライブ!と改めて思った楽しい現場だった。

 

9/22 「少年たち〜Born TOMORROW〜」@日生劇場

大好きな舞台、少年たちに遂に行くことができた。しかもずっと夢だった日生劇場にも初めて足を踏み入れることができて、夢が2つ叶った日だった。

見学は千さんととっつー!

一言で言うと、クオリティの高さにビックリ。両グループとも迫真の演技と真っ直ぐな歌声がとても素敵だった。

ジャニさんはずっとウエストサイドストーリーが好きなのだと実感。あと、平和を強く願い続けてるんだね。

話は私が知っている2010年のえびきすや関ジュ版の『少年たち』とはかなり変わっていたけど、劇中歌が同じものが多くあったから終始興奮してたなぁ。普段からテンション上がると叫びやすい私はずっと口押さえてて完全に変な人だっただろうな・・・

 

プリンスキントレでもちょろっと話しに出したけど、『少年たち』は一昨年キスマイヲタになりかけの時にみっくんの「約束の歌」の動画を見た瞬間に「この舞台ナニ!!!」と身体に電流が走ったように気になって、数日後に某所でめちゃくちゃ高くなってるDVDを中古で買ってそれから狂ったように何回も観ている大大大好きな舞台だ。

この舞台を見たジャニさんがキスマイをデビューさせようって決めたというエピソードはウィキか何かでヲタになる前から知っていて気になっていたので、買うきっかけができて良かった。

当時看守長をしていたスノが中心の役をやっていて感慨深かった。その看守長役が舞台からいなくなっていたのは衝撃だったけど!

あとはショータイム。どっちの新曲もカッコ良かったんだけど、兎にも角にもストンズの「JAPONICA STYLE」がどツボすぎて・・・
楽曲で他Gに嫉妬したのは久しぶりかもしれない。何ならその曲キスマイにくれ!!!って思っちゃったし。笑
いや、そう思うのは何よりストさんがカッコよくパフォしてるから何だけども。

タキ翼の「epilogue」を歌うスノも素敵だった〜。舞台映えする一曲、あの空間美しかったなぁ。


来年もぜひ行きたいし、これからもずっと続いてほしい特別な舞台。 

 

10/24 「ジャニーズ伝説 2017」@日生劇場

お初エビさん現場。元祖ジャニーズな世界。キラキラな空間の中に感じる切なさから、アイドルは永遠ではないけどそれでも永遠に続いて欲しいと願ってやまない自分がいた。

 

11/30 舞台「何者」@天王洲銀河劇場

顕嵐ちゃんと長妻くん出演舞台。思ったよりダンスシーンがあって驚いた。これから就活を控える自分にとってはかなり刺さる内容で、終わってからも何か心にダメージを負った感じがしばらく消えなくて。映画を観ておけば少しはこのモヤモヤが抑えられたかもしれないと予習を怠ったことを反省。ただ、顕嵐ちゃんの後半の狂気じみた演技と長妻くんの自然体でクールな演技がとても良くて、他の同世代の俳優陣に食らいつくように芝居するらんれおを見ることができて良かったと思う。自分とも同じ世代のキャストさんが多かったので、私も勉強も就活も頑張ろうって刺激を受けた。

 

12/12 オールナイトニッポン50周年記念舞台「太陽のかわりに音楽を。」@銀座 博品館劇場

宮近くん、高田翔くん出演舞台。去年の私的ベスト現場3本の指に入るくらい素敵な舞台だった。レベルの高い先輩方との共演はちゃかちゃんにとってとても価値のある経験だったよね、きっと。舞台後の挨拶でしどろもどろに話すちゃかちゃんを共演者だけでなく観客全員が見守ってて、宮近さんは見る者全員に母性を与える天才かと思った。ちなみに祭り、キスマイコン、ジャニ伝、太陽〜の4つで宮近さんが去年一番現場で見ることができたジャニーズでした。おめでとうございます(?)

高田翔くんも初めてお目にかけることができて感激した。若いときから知ってるけど、もうお芝居に貫禄たっぷりだった!

 

12/25 「ARASHI LIVE TOUR 2017-2018 untitled」

締めは嵐さん。クリスマス当日だったのでお潤が何回も「俺たちとクリスマス楽しもうぜー!」みたいなことを言ってくれて嬉しかった。それまであまり意識してなかったんだけど、クリスマスをコンサートで過ごせるってとても幸せなことなんだなと特別な気分になった。演出は相変わらず圧巻だった。組曲の「Song for you」で思わず涙。あの歌を聴いて嵐さんは進化をし続けるけど、心にある想いはずっとずっと変わらない人たちなんだって実感した。昔から応援する人から、つい最近ファンになった人、全てを包み込む力のあるコンサートだった。こんな誰でも大好き状態になってしまった自分だけど、まだまだ嵐さんから卒業するのは難しいと思った。

 

 

以上。現場記録でした。

 

去年はジャニヲタ人生の中でもかなりいろんな場所に足を運んだ1年だった。やはり同じジャニーズと言ってもそれぞれの現場の空気が異なるのが面白いと思った。

Jr.の現場はお友だちが誘ってくれて入ったのがほとんどなので、感謝したい。思ったよりも現場にお金を使った年なので反省して今年は行く公演をもう少し絞ろうと思っているが、今年から晴れて情報局会員になったので去年よりさらに現場に足を運ぶ未来が見えている。

 

ジャニ現場以外にも平原綾香さん、水樹奈々さんWキャスト主演のビューティフルや(どっちのバージョンも見た)、市村正親さん主演の屋根裏のヴァイオリン弾きなどたくさんの舞台を見ることができて幸せだった。

 

今年のキスマイのツアーも発表されたので、やっと1年が動き出した気がする。今年もたくさんの現場に行けますように!

 

*1:お兄ちゃんガチャの頃から推してる