主に愛でてます

赤色さんに魅かれる症候群

『あんちゃん』感想

7月21日(金)

北山宏光さん主演舞台「あんちゃん」に行ってきました。

自分はレポとか苦手なので、簡単に感想を書きたいと思います。

 

この舞台は家族での自分の立ち位置によって感じることが違うと思うんですが、私は2人姉妹の末っ子なので、同じ末っ子である凌くんに共感することが多かったかな。

お母さんのためを思って家に残ってた凌くんだけど、それは一つの甘えでもあったのかなって。

お姉ちゃんたちは確かに家のしがらみから解放されたくて早いうちに家を出たんだろうけど、自分たちができる方法で家族の生活を支えていたことも事実で……

なんだろう、私が末っ子だから分かる罪悪感といいますか。

私も凌くんの立場だったら「本当は高校だって行きたかった・・・!」って言うお姉ちゃんに、

じゃああの時行ってれば良かったのに。お母さんだって引き止めてたのに。

って言っちゃうと思うんですよ。

ただ、自分はそういう周りのこと全く考えないで綺麗事並べて好きなように生きてるところがあるんじゃないかって感じて。

 

凌くんは凌くんで、お母さんを1人にしないために家を出なかったっていうのもあるんだと思うけど、30歳だし本当は自分が1人で生活していけるくらいの安定した収入・仕事を手に入れなきゃいけないことも分かっていて、でも映画を撮るという夢も諦めたくないからお母さん、お姉ちゃんたちに頼るしかなくて。だから子どもの時に1番最初にこの家を出ていこうとしていたのに未だに出ていくことができなくて。その環境が歯痒くて仕方なかったと思う。でも、そんな現状に気付きたくないから、家を出られないことを100%とは言わないけど、80……いや、60%くらいお母さん、お姉ちゃんのせいにしてたのかなって。

これがフライヤーで凌くんに対して書かれてた

お前は、誰かの、何かのせいにしてきたんだよ

って部分なのかと思いました。本当に勝手な憶測だけど。

 

でも、凌くんは心の根っこがひたすら優しい人でした。

優しいが故に弱さとか甘えとかが出てきてしまったのかもと思ったけど。

そんな凌くんが最後のシーンではその優しさを捨ててまで、家族全員に思ってることを吐き出して、お父さんのことを絶対諦めなかったんですよね。

凌くんはずっとお父さんのこと大好きなのに、そのお父さんが家を出て行った理由がしょうもなかったり、子どもたちとの大事な記憶を失くしてたりして、やりきれない気持ちになる場面もあったけど、凌くんが最後までお父さんのことを諦めなかったから、家族に希望が見えたし、観てる側として救われる気持ちになった。

あの家族が今後どうなるかは分からないけど、凌くんが笑っていられる未来に生きてたら良いなぁと思いました。

 

んー、自分がそんなに家族のことを深く考えたことがなかったからなのか、うまく感想がまとめられないんだけど、そういう人に家族と向き合うキッカケをくれる舞台だったと思います。

話の途中では笑える場面が所々あって、シリアス×笑いのあるドラマが好きな私には結構ツボにハマる作風でした。

 

1年ぶりに見たみっくんは、Twitterで他の方も言っているのをよく見かけたけどあんまり小さく見えなかったです。*1

あとは、シンプルにこの人の顔が好きなんだと再確認しました。顔ファンと言われても仕方ないくらいみっくんの顔が好きです。タイプです。

そして、やっぱり舞台に似合う声を持っている方だと思いました。マイクなしの肉声がずっと聞けるなんて、ストレートプレイって贅沢だね。

お芝居も活き活きしてたし、これからも舞台だけじゃなくドラマや映画もじゃんじゃんやってほしいなぁ

 

それと、同担さんだらけの現場っていうのがジャニヲタ人生で初めてで新鮮でした!

他担さんもいたと思うけど、あの場所に集まっていたほとんどの人が同じ一人のことを応援していると思うと……

なかなか無い体験で、不思議な空間だったなぁ。

 

一昨日に大千秋楽も終えましたね。

3月の朝に嬉しい発表を聞いてスポーツ紙を買ってから、いろんな雑誌を買い揃えた5ヶ月間が本当に楽しくて幸せでした。

写真も良いものが多かったし、テキストでも貴重なご家族のお話がたくさん聞けて嬉しかった。

 

座長として暖かいカンパニーの中で畑中家という家族、畑中凌くんという人間に向き合うみっくんを見ることができて良かったです。

みっくんを始め、出演者全員の方、お疲れ様でした。素敵な時間をありがとうございました!

 

また嬉しいお知らせ待ってる!

 

 

 

ちょっぴり独り言。

ブログ始めた頃になるべく常体で文章を書くって言ったのに、思いっきり敬体使ってますね。なんかこういう現場とか楽曲とかの感想だとこっちの方が書きやすくて。

基本その場のノリとテンションで生きてる人間なので、あ、今日はこの人こういう気分なんだ。って軽く受け流していただければ幸いです。

どうでもいいな!って思われる方もいらっしゃると思うんですけど、こんなブログの読者になってくださった方もいらっしゃいますので、一応の説明でした。笑

そして、いつもこのブログを読んでくださっている方々、ありがとうございます。

こんな場で申し訳ないのですが、この機会にお礼をさせていただきます。これからも好き勝手にいろいろ書いていくと思いますが、気が向いた時に暇つぶし程度に読んでくださればと思います。よろしくお願いします。

 

あ!そして‼︎ちょうど今日‼︎‼︎

Kis-My-Ft2デビュー6周年ですね‼︎おめでとうございます!(めちゃくちゃついでみたいになったゴメン)

去年のこの日はちょうどI SCREAM行ってからWORLDのDVD観て、うっかり沼に片足入れてた頃です。2016年の夏いっぱいだけキスマイにめちゃくちゃ恋しようと思ってた自分ですが、あの状態のまま1年経ってしまった感じです。飽き性な自分にとってはスゴいことです。まだまだ飽きる気がしません。

7年目も、7人の更なる飛躍を祈っています。それでは‼︎

 

*1:というか、私はみっくんを生で見て小さいと思ったことがない。私も人のこと言えないくらいおチビだからかな。